新米ネットワークエンジニアだわよ!

ネットワークエンジニアとして勉強していく中で大事だなー!!と思ったことを忘れないようにするために書いてます。このブログで不明点が解決できたら嬉しいです^^

Next-hop属性について

ebgp routerより、networkでアドバタイズされてきた内容で

ebgp routerでNext-hop属性を自身に設定することで

アドバタイズする、ネットワーク情報のNext-hopが自身で指定される。

 

ebgp -----ibgp1 -- ibgp2

 

 ibgp1でも自身でnext-hopを指定することでibgp2がebgp宛へ

通信をする際に、ibgp1をnext-hopとして指定する。

 

ibgp1でnext-hop指定しない場合、ibgp2側で経路情報を持っている必要がある。

 

ebgp next-hop ibgp1のね。

サブネットマスクとワイルドカードマスク

Prefix・・・/24

サブネットマスク・・・255.255.255.0 

ワイルドカードマスク・・・0.0.0.255

 

サブネットマスクは2進数で1がネットワーク部、

0がホスト部で表される。

 

ワイルドカードはその逆。

ホスト部を2進数の1として計算するとわかりやすい。

ネットワークアドレスとブロードキャストアドレス ※ループバックアドレス

ホストに割り当てない、予約済みアドレス。

 

ネットワークアドレス・・・ネットワークの範囲を示したもの。

             ホスト部の2進数ビットが全て0なもの。

 

ブロードキャストアドレス・・・ネットワークアドレスの逆。

               ホスト部が全て1のもの。

 

               セグメント全てのホストにパケットを送信する。

 

基本的に上記アドレスを考える際、手計算は控えるべき、ヒューマンエラー防止のため

 

要約すると、、、

 

00000000 

0を8つ書いて、prefixで区切る。

その際に、左にあるのがネットワーク部。全て0ならネットワーク部が0ってこと。

 

右にある部分を全て1にして、ネットワーク部の1になってる部分を足したのが

ブロードキャストアドレス。

 

 

 

ループバックアドレス・・・ネットワークアドレスとして使用を禁止している

               127.0.0.0/8ネットワークの127.0.0.1のこと。

               ※自分自身を表す仮想IPアドレスのこと。