新米ネットワークエンジニアだわよ!

ネットワークエンジニアとして勉強していく中で大事だなー!!と思ったことを忘れないようにするために書いてます。このブログで不明点が解決できたら嬉しいです^^

タイムスタンプとは

ログやデバッグが表示される際に先頭に表示される時間表記のこと。

Ip SLA

ネットワークの状態を把握する機能。

 

SNMPとの違いは、snmpはインタフェースに流れてるパケットの統計を取ってたけど

これは、テストパケットを作成して宛先に送信することで状態を計測する!

 

送信するip sla sender と応答するip sla respomderがある。

 

レスポンス側はicmpやtcpなどと

通常でも返信するものなら設定しないが、

Udpの場合は設定することでレスポンスを得られる。

 

また、この機能ではスケジュール設定が必須でありどの期間やるのか等設定できる。

むしろ設定しないと始まらない。

NTP

定期的に時刻サーバと同期をして時刻のズレをなくすプロトコルをNTPという。

 

123 udp

 

自身をサーバにしたり、クライアントにしたりできる。

基本的にインタフェースに入って設定するる

Netflowキー項目とノンキー項目

キー項目とは

 

フローを、識別するためのチェックする情報。

7つあって一つでも異なっていれば別フローと判断される。

 

ノンキー項目とは

 

収集される情報をノンキー項目という。

 

送信元先情報とかインタフェースとかやね。

GUI and CUI

GUI   ブラウザ上で操作

 

CUI   Linuxteratermなどで操作 dos窓とか

フェールオーバーとフェールバック

フェールオーバーとは、

主系が倒れた時に副系に切り替わることを言う

 

フェールバックは、

副系で稼働中に主系に切り戻ることを言う。

Netflow

ルータ上のインタフェースを流れるトラフィックの統計情報を確認する機能。

 

SNMPは、ネットワーク上の機器を監視してインタフェースを通過するトラフィックの総量は確認できるけど細かい中身まではわからん。

 

その細かい部分を確認するのがねっとふろう!

 

 

SNMPトラップとインフォーム

エージェントからマネージャに対してメッセージを送信できる。

※普段は逆だけど。

 

これがSNMPトラップ。

トラップは、マネージャへ送るだけで返答はないので届いたのかどうか不明なので信頼性は高くない。

 

ちなみに、送る際はCPU利用率が増えまくってたりインタフェースがアップダウンしてたりすると送るみたいね。

 

インフォームとの違いは、

インフォームは、マネージャがちゃんとメッセージに返答するところ。なのでこっちのほうが信頼性は高い!

SNMPポーリング

マネージャが定期的にエージェントに対して情報を要求ふるメッセージを送信する方式。

 

 

SNMPについて

TCP ipネットワーク上で動作している機器を管理するためのプロトコル

 

CPUやメモリの使用率などの情報を収集可能。

 

SNMPエージェントとSNMPマネージャから構成され、普段はマネージャからエージェントの情報を収集する。