新米ネットワークエンジニアだわよ!

ネットワークエンジニアとして勉強していく中で大事だなー!!と思ったことを忘れないようにするために書いてます。このブログで不明点が解決できたら嬉しいです^^

スプリットホライゾン

ホライゾンっていう、すっげえ分厚いラノベを思い出すよねってそれは置いといて。 結局読む前に諦めたっていうだから記事書くぅぅううう!!!!!! ルーティングループ防止のため、 ルータからもらったルート情報はその情報をくれたルータに告知しない機能…

フレームリレーマップ

VCの対抗にある、ルータのIPアドレスとDLCIの番号を対応付けたもの。 nexthopとdlci番号を組み合わせたもので、 ルータからnexthop宛に通信がいくと、フレームリレーマップ確認して あ、このDLCI番号のやつねってわかって転送する。 作成方法は手動と自動が…

拠点間接続

本社と支社をつないで、サーバのデータを共有するなど。 ・専用線 ・PSTN ・フレームリレー ・インターネット接続 ・IP-VPN ・広域イーサネット フレームリレーとは? 本社と支社のLAN同士を接続する際によく利用される。 WANサービスの1つで通信事業者のサ…

ipv4からipv6へ行こう(移行)

1.デュアルスタック 1台の機器でipv4とipv6の両方のプロトコルに対応できるようにすること。 ipv4のノードと通信する際は、ipv4、6のノードは6となる。 ipv4からipv6の機器へ直接通信できるようにするためのものではない。 2.トンネリング ipv6のパケットが…

再配送の設定 忘れやすいのでまとめ

ipv6 router rip [名称] redistribute ospf [プロセスID] 上記設定だとすると、 ospfからripへの再配送になる。 redistributeコマンドは、こいつを再配送するぜ!ってこと。

ipv6 ルーティング

link localアドレスがルーティングプロトコルのパケットの送信元ipv6アドレスとなるため、リンクローカルアドレスでネイバーを認識してる。 だからネクストホップのアドレスがリンクローカルになる。 FE80のやつね。 基本的に、設定方法はipv4の場合と異なる…

不安症について見解

自分自身が不安症で心配性だからわかるんだけど、 目に見えないことで割と悩んでて、この苦しみがずっと未来までつづくんじゃないか。 って思ってしまう。だから、未来について考えて悩んでる。 未来なんて見えないのに。 何かが起きる前に、最大限不安は取…

ルーティングプロトコルまとめ。

RIP ディスタンスベクタ型。 全ルーティングテーブル情報を定期的にアップデートで交換する。 メトリックはホップ数でホップ数が少ない経路を最短経路にする 最大が15ホップ。 224.0.0.9宛にルーティングアップデートを送信。 port番号がUDP520 --- Eigrp 拡…

v6 ルーティングプロトコル

RIPng ripのv6バージョン。 基本は同じ。 機能としてはRipv2と同じ。 マルチキャストアドレスFF02::9宛にルーティングアップデートを送信する。 送信元は、リンクローカルアドレスとなる。 ポート番号は、521UDPとなる。 設定する際は、識別名を使用する。こ…

ipv6大事なとこちょいまとめ

128ビットで サブネットプレフィックス インターフェイスID で構成されてる。 プレフィックス部はレスだったら、 RAで教えてもらって、 インターフェイスID部は、インターフェイスのMACアドレスを24ビットずつに分けて 間にfffeを入れて前から7ビット目を反…

パスMTUディスカバリ

Ipパケットはデータリンク層のプロトコルが異なるとMTUのサイズが変わるので、 フラグメントする必要があるあったりする。 パケット分割はルータに負荷となるで、 Ipv6では、ルータじゃなくて送信元で行なってルータの負荷を減らしてる。 送信できるサイズを…

ステートフルの自動割り当て。

Ipv6用のDHCPサーバから割り当ててもらう。 Ipv6用のDHCPをDHCPv6ってそのまんまかよ。。 DHCPサーバ側でどのpcにどのアドレスが割り当ててるか記録されてて状況把握してるからステートフルなんだってさ。 ただDHCPv6では、デフォゲを割り当てられないのでデ…

自動割り当て ステートレス

ステートフル➡︎システム状況把握 レス➡︎把握してないぃ レスでの、ipv6アドレス設定 Icmpv6 type133 RAメッセージ icmpv6 type134 RAメッセージ レスはまず自身のリンクローカルアドレスを決める。 決まったらDADで重複確認。 問題なければ、RSメッセージを…

プラグアンドプレイ

簡単に言うと、電源投入したり線刺したり 特別なことをしなくても使える機能のこと? Ipv6では、電源を投入するだけで ネットワークに接続できるプラグアンドプレイに対応してる。

DAD詳細

自動でIpv6アドレス設定する場合などに重複確認をとして使用されるのがDADとなる。 ユニキャストのアドレスを取得した際も 重複確認するらしい。 DADでも、NAとNSを使用する。 自動的に割り当てたアドレスは、 すぐ使えるわけじゃない。 ターゲットアドレス…

NDP詳細

やっぱりNDPについて詳細書きます。 理由は、理解してないと前に進まないから・・・むずい・・・ NDPではicmpv6を使用して宛先ipv6アドレスに対するmacアドレスを取得します。 icmpv6 type135 NS icmpv6 type 136 NA 2種類を使用して、arp解決を行う。 ヘッ…

NDP DAD

ipv4ではARPによってネイバーのMACアドレスを問い合わせてたけど、 Ipv6ではARPは使いません!!!!! 代わりに、NDPというのを使いまする。 接続しているリンク上のルータ発見 データリンク層のアドレス解決 アドレス自動設定 ネクストホップ決定 アドレス…

エニーキャストアドレス 基本ヘッダと拡張ヘッダ

複数の機器に同じアドレスを割り当て、ネットワーク的に近いところと 通信をする際に使用されるアドレスです。 特に決められたアドレスはないんだってさ。 --- 基本ヘッダとは。 宛先までの各ルータがルーティングに必要な情報のみ必要な情報を 格納してる。…

マルチキャストアドレスについて

特定のグループに対して通信する際のアドレスでっす。 FF00/8で始まる。 予約済みマルチキャストアドレスは以下。 ff02::1 :全ノード ff02::2 :全ルータ ff02::1:ff :請求ノードマルチキャスト ffから始まるのがマルチキャストアドレス。 詳細は今度かくぜよ

ipv6 ユニキャストアドレス

3種類あって、それぞれ通信できる範囲が違う。 範囲のことをスコープと言います。 1.ユニキャストアドレス 1対1の通信 ななんと、めんどいことにユニキャストの中にまたアドレスがあってだな。。。 グローバルユニキャスト リンクローカルユニキャスト ユ…

ipv6

ipv4は2^32で構成されてるけど、ipv6は16^128で構成されてる。 変更点は、 1.量が半端なく増えた、宇宙制覇するレベルじゃないと足りなくならない。 2.ヘッダの中身がわかりやすくなった。 3.ブロードキャストアドレス廃止 名称もちょい変わって、 サブネッ…

BGPのネットワーク指定とIGPの違い

ospfとかnetworkで指定してるのは、 プロトコルを動作させるインタフェースを指定。 BGPはアドバタイズするネットワークを指定してる。 →ルーティングテーブルで登録されてて、なおかつprefixも一致してるやつだけね。 めんどくさいのが、Next_Hop属性。 経…

BGPのパス属性 ・・・長い・・・

BGPはパス属性によって最適経路を選出してる。 主要なパス属性。 1.ORIGIN属性 (オリジン属性と覚えよう。 →経路情報の生成もとを表す属性。 値が小さいほど優先される。 IGP:自身の持っている経路情報をアドバタイズ。 EGP:EGPで学習した経路 incomplete:BG…

eBGPの特徴

基本的に直接接続されたルータ同士じゃないとピアになれない。 またAD値がeBGPは20、iBGPは200となるのでeBGPが優先される。

iBGPの特徴

iBGPは、同じAS内でBGPピアでやり取りする。 eBGPはまぁおさっし。 iBGPって、いやいや同じAS内だったらospfとかでやり取りすればええやん! って俺も思ったけど、どうやら数がめっちゃ多くなるからだめなんだとさ。 BGPルータは、インターネット全ての経路…

BGPとは?ASとは?

ルーティングプロトコルは大きく分けて二つある。 IGPとEGPである。 IGP=AS内で経路情報を交換する。ospf eigrpなど。 EGP=ルーティングプロトコルなどが違うAS間で経路情報をやり取りする。BGP ※ASとは・・・ →ある組織が運用してるルータやネットワークを…

policy base routing (PBA)

基本は、ルーティングテーブルを見てgatewayとinterfaceを決めて転送。 って流れなんだが、、、 ある特定のパケットだけあらかじめ定義しておいた ポリシーに基づいて、ルーティングテーブル内容とは異なる宛先に パケットを転送される仕組み。これをpbrとい…

route-mapのpermit denyについて。

Permit denyの意味が少し違うらしい。 ルートフィルタリングで使用する場合は、 普通にpermitは許可。denyは拒絶になる。 ただし、routemapの場合、 ACLやprefixlistとかで指定したネットワークと 一致したらこう!みたいな処理を行う中で もしACLとかをdeny…

ディストリビュートリスト(distribute-list )とは?ACL?prefix-list?route-map?

ルートの制御をするために、 AD値を変える方法があるけど、ルートフィルタリングもその方法の一つ。 アドバタイズされる情報をカットしたりメトリックを変えたりする。 「ディストリビュートリスト」 →ルーティングアップデートの送受信の際に、適用するフィ…

ospfのゾーン認識

Intra-area :エリア内のみ O inter-area :エリア間 O IA external-area :外部ルート O E1,2 N1,2

再配送時の経路選択

再配送時にAD値やメトリックによって ループしたり、遠回りな経路が選択される可能性がある。 ※ちなみに、再配送されて別のルーティングプロトコルに入ったらAD値は再配送された先になってるから。 シードメトリック(再配送時のメトリック) が低いとそちら…

ロンゲストマッチとAD値とメトリック

最適経路を選択する際の順序として、 1.ロンゲストマッチ 2.AD値 3.メトリック 必ずこの順序になる。 つまり、全く同じ宛先ならAD値が低い方! AD値が同じならメトリックって話。 AD値 複数のルーティングプロトコルがある中、同じ宛先なら どの経路をルーテ…

図書館

図書館面白い! 何が良いってまず本がいっぱいw 全然関係ない知識とかもつきそう! 温度も悪くない。トイレも綺麗そうだし 一つじゃない。 持ち物も携帯、財布だけもってけば とりあえず大丈夫だし。 気になる本がたくさんあるから、 いい知識集めになるやも…

eigrp 負荷分散について。

負荷分散についてまとめ。 等コストは、同じメトリック値の場合、 通信を分散させるやつ。 不等コストは、全然違うメトリックの場合でも 通信を分散させるやつなのだ。 variance and maximum-pathsを使う。 ※すごく大事なこと、不等コストはフィージブルサク…

Eigrp 不等コストロードバランジング

基本的に、サクセサのメトリック(FD)の1倍までの経路を不可分散に使用する。 つまり、同じメトリックじゃないと乗らないってこと。 →等コストロードバラ ※サクセサより小さかったらそっちがサクセサになるはずだしね。 だから、varianceコマンドでサクセサ…

分母と分子

分子 分子 / 分母 = ------------ 分母

FDとAD eigrp

Eigrpのメトリック値でする。 FD値は、自ルータから宛先までのメトリック AD値は、ネイバールータからの宛先までのメトリック FD値が一番低い経路がサクセサに。 FD値よりも低いAD値がフィージブルサクセサになる。 show ip eigrp topology(サクセサとフィー…

自動集約とNULLと不連続サブネット

集約機能によって、updateのデータ量が減ったりして 帯域幅を効率的に回すことができる。 自動集約は、文字どうり自動で集約されるのだが、 一応決まりがある。 クラスフルで考えた時、異なるネットワークとルータが繋がっていた場合 集約される。 んで、NUL…

NSSA

スタブエリア内で、ASBRが設置できるようにしたエリアのこと。 タイプ5が使えないのでtype7で使用する。 特徴は、Type7になるので Nssaのエリアから出るときは Type5になって出て行く。 またType5とかのアドバタイズされた ものは、ABRが通さない。 まぁデフ…

StubとトータリーStub

Stub設定をすることによって、 Type4,5の外部ルーティングプロトコルが ルーティングテーブルから消えて、 デフォルトルートになる。 トータリは、別エリア(O IA)もルーティングテーブルから消える。

識別

プロセスIDは、一つのルータ内で複数のospfプロセスを動作できるのでそれを識別してる。 1,10,20とか数字で表される。 ※当たり前だが他のルータと値を合わせる必要なんてない。 ルータIDは、ネットワークで各ルータを 識別してる。 1.1.1.1とかアドレス風に…

ospfテーブル

ネイバーテーブル LSDBテーブル ルーティングテーブル 上記三種類がある。 また関係として、 アジェセンシー関係 Full ネイバー関係 2-way この二つがある。 ネイバーは認識してるだけの状態で アジェセンシーは、lsaを交換してる。

syslogさんとは?

クライアントサーバ型のプロトコル。 簡単に言うと、ログをサーバに送るプロトコルとこと。 ポート番号は514 こいよ!で覚えよう。

VRFとEVN

二つとも、一つのルータで複数のルーティングテーブルを仮想的に持つことができる機能。 用途は、実は繋がってるけど仮想的に 物理的に分けたネットワークを構築できたりする。 あとは、同じ宛先ネットワークが複数あるけど ゲートウェイは、違う場合など。…

ダイナミックとスタティック

スタティック:手動 ダイナミック:ルーター同士で情報を自動でやり取り。 このやり取りの、決まりを決めるのが ダイナミックルーティングプロトコル。 リンクステート:ospf ディスタンスベクタ:rip eigrp リンクステートは、インターフェース情報 ディスタン…

DHCPについて。

ご存知DHCP。HOSTへのIPを自動で割振る。 dhcp discovery IPくださ〜い dhcp offer このIPでええか? dhcp request 問題ないっすくださいっす dhcp ack おk。じゃあ配布。 って感じ。 リレーエージェンド機能というのもある。 discoveryとrequstはブロード…

UDPさんわかりやくて素敵

基本的に、UDPは信頼性皆無。 だからとっても負荷が軽い。 輻輳しようが、送信量抑えないし再送の仕組みもないし、 確認応答とかももちろんない。 だから、tcpは抑えてるけどudpは抑える仕組みがないから udpだけになってしまってtcp通信がdropされるという…

RTTとは?

タイムスタンプ値は、RTT値を計測するためのもの。 RTTとは、応答が返ってくるまでの時間のこと。

tcpってめんどくさい。。

tcpは信頼性をあげようという部分と効率よく通信をしようという部分を 二つ達成しようとしていろいろなアルゴリズムがある。 ※正直めんどくさい。。 まず、帯域を輻輳させないためにウィンドウサイズを開いてから 教えてもらって、(たぶん3wayのとき)そのウ…

スライディングウィンドウとは?

tcpの通信の場合、確認応答を必ずする。 ※このパケットとどいたよーって通知。 でも、一個一個送ってたら日が暮れちゃうので ある程度まとめて送る。 フロー制御:送信量の調整 ウィンドウサイズ:一度に受信できるデータ量 まとめると。 ウィンドウサイズを…