新米ネットワークエンジニアだわよ!

ネットワークエンジニアとして勉強していく中で大事だなー!!と思ったことを忘れないようにするために書いてます。このブログで不明点が解決できたら嬉しいです。

ルーティングの基礎

 

ルーターさんが行う動作は主にルーティング

 

ARPはこのIPアドレスのマックアドレスおしえてください〜〜みんな〜〜ってブロードキャストする。

 

これによりうけとったホストは自分のIPと一致していれば返信。

一致していなかれば破棄で。

 

返信をもらったら相手のIpとMacアドレスがわかるから

送信できるってわけさ。

 

でもルーターさんはブロードキャストをぶったぎる。

だからセグメントを超えた通信できないじゃん!って思うがちゃーんとできる

 

デフォルトゲートウェイってのがある。

これは自分が所属しているセグメントのルータさんのポートのIPaddress

 

ルーターさんはポートに必ず別のネットワークのアドレスしかつけられません。

 

デフォルトゲートウェイARPすることによって

ルータさんのIpとMacを理解する

 

実際に送る先が別のネットワークの場合はそれを宛先IPにして

宛先Macにはデフォルトゲートウェイにする。

 

そうするとルーターさんはパケットをうけとってくれて

自身のルーティングテーブルを参照してどのポート出すか、

どのルータさんへ投げるかを考える。

 

※実はここがルーティングプロトコルの役目

ルーターのルーティングテーブル情報をみんな一緒にして、

隣接ルーターのIPがわかったり。

あとはメトリックかな

RIPなら最適なのはホップ数だけど。OSPFは回線速度とか。

 

隣接ルーターのIPはルーティングプロトコルでわかっててもMacはわからない。

なのでルーティングプロトコルでわかっている最適な経路にある次のルータの

MacARPで調べる。

わかったら、また宛先IPを最終的に送りたいところにして

Macを次ぎに渡すルーターさんに設定する

 

こうやってパケットが到達する。