新米ネットワークエンジニアだわよ!

ネットワークエンジニアとして勉強していく中で大事だなー!!と思ったことを忘れないようにするために書いてます。このブログで不明点が解決できたら嬉しいです^^

VRFとEVN

二つとも、一つのルータで複数のルーティングテーブルを仮想的に持つことができる機能。

 

用途は、実は繋がってるけど仮想的に

物理的に分けたネットワークを構築できたりする。

あとは、同じ宛先ネットワークが複数あるけど

ゲートウェイは、違う場合など。。

 

EVNは、VRF機能を便利に設定の簡略省略されたもの。VRFは、インターフェースとIDを管理者が指定しないといけない。

 

いーぶいえぬは、来たパケットがどの

インスタンスに一致するかを判断するので

設定の手間が減る。

 

でもIEEE802.1Qに対応したインターフェース同士じゃないとルータ間じゃないと対応できない。※EVNトランクインターフェース

 

Pcと繋がってたりする場合、

Vrfの設定をしなくちゃいけない。

※エッジインターフェース