新米ネットワークエンジニアだわよ!

ネットワークエンジニアとして勉強していく中で大事だなー!!と思ったことを忘れないようにするために書いてます。このブログで不明点が解決できたら嬉しいです。

DAD詳細

自動でIpv6アドレス設定する場合などに重複確認をとして使用されるのがDADとなる。

 

ユニキャストのアドレスを取得した際も

重複確認するらしい。

 

DADでも、NAとNSを使用する。

 

自動的に割り当てたアドレスは、

すぐ使えるわけじゃない。

ターゲットアドレスを使用予定のアドレスにしてNSメッセージ送信する。他で使われてないか確認するため。

 

宛先はターゲットアドレスが所属する

請求ノードマルチキャストアドレスとなる。

 

何も応答がなければ、

使用していないので大丈夫!

でも、NAメッセージが返信されてきたら

既に存在してるってことになる。