新米ネットワークエンジニアだわよ!

ネットワークエンジニアとして勉強していく中で大事だなー!!と思ったことを忘れないようにするために書いてます。このブログで不明点が解決できたら嬉しいです。

full Duplex 全二重と半二重 オートネゴシエーション

全二重は、送信と受信同時に行えて、

半二重は、送信と受信が同時にできず片方ずつしかできない。

 

 

基本的に、対応同士はスピード、デュプレックスを合わせる必要がある。

その際に、よく使われる機能がオートネゴシエーション

 

スピード、duplexをautoで設定することによって機能が有効化されるが、

お互いの一番最適な設定にして設定してくれる便利な機能。

 

ただ、ちょっとやっかいなのが固定で設定した場合、100m全二重とか。

オートネゴシエーション機能が片方だけ有効になってる状態なので、

うまく最適化ができない。

 

対向機器と設定に差異が発生するので注意する。

そして、なぜかは不明だが有効化されてる方は半二重になることもあるらしい。。

 

対向機の設定を確認して欲しい場合は、まずautoになってるのかを確認して

んで、自分の設定もautoになってるか確認すれば回答ができる。

 

というか設定するときに対向と設定を合わせるのが一番良いと思う。。