新米ネットワークエンジニアだわよ!

ネットワークエンジニアとして勉強していく中で大事だなー!!と思ったことを忘れないようにするために書いてます。このブログで不明点が解決できたら嬉しいです。

proxy Arp

Arpの代理応答のこと。

通信のMacアドレス解決の為、

Arpを利用するが機器の設定によってインタフェースアドレス以外の仮想アドレスを設定する場合がある。

 

MIPみたいな、スタティックNatとかね。

 

その際、戻りの通信でsrcNATしたアドレスにもちろんArp投げるがインタフェース側で何も設定をしていないと機器は自身のインタフェースアドレスに対してのArp応答しかできない。

 

なので、仮想のアドレスに対してのArpも返答できるやうにproxy arpを仮想アドレスで設定する。

 

機種によっては不要のものもある、paとかssgとか